文字サイズ

北海道大学 情報科学研究科 メディアダイナミクス研究室 Laboratory of Media Dynamics

NEWS

以下のワークショップにて、当研究室より以下の2件の発表を行いました。

会議名:The 2nd GI-CoRE GSQ, GSB & IGM Joint Symposium
ワークショップ名:the GSB Student Workshop

発表:
◯Naoki Saito, Takahiro Ogawa, Satoshi Asamizu and Miki Haseyama
Tourism Category Classification Based on Novel Decision-making Process from Multiple Results

◯Keisuke Maeda, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa and Miki Haseyama
Distress Classification via Neural Network Maximizing Canonical Correlation between Multi-modal Features

2018年8月5日~8日に札幌コンベンションセンターで開催のMIRU2018に当研究室より以下の5件の発表を行いました。

Convolutional Sparse Codingを導入した深層学習に基づく変状分類手法の構築
前田 圭介, 高橋 翔, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

Constructing Heterogeneous Network via LRML-based Link Estimation for Multiple Music Video Applications
松本 有衣, 原川 良介, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

ユーザの動作を用いた行列補完に基づく関心度の推定に関する検討 -特徴選択の導入による高精度化-
九島 哲哉, 高橋 翔, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

敵対的生成ネットワークに基づく生成画像の分類問題への応用に関する検討 -胃X線画像を用いた胃炎識別におけるデータ不均衡の解消-
藤後 廉, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

正準相関分析を導入したFactorization Machinesに基づくツイート推薦の高精度化に関する検討
滝村 祥司, 原川 良介, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

研究室のOBも参加しており、非常に活発な議論が行われました。

当研究室からIEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciencesに投稿していた以下の論文が採録されました。
本論文は、本学大学院情報科学研究科、大学院工学研究院、北海道科学大学による共同研究の成果です。

Takahiro Ogawa, Sho Takahashi, Naofumi Wada, Akira Tanaka, Miki Haseyama: “Binary Sparse Representation Based on Arbitrary Quality Metrics and Its Applications,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Accepted for publication)

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/transfun

2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)に当研究室の学生が投稿した以下の9件が採択されました。

Genki Suzuki, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Team Tactics Estimation in Soccer Videos via Deep Extreme Learning Machine Based on Players Formation”

Tomoki Haruyama, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Estimation of Important Scenes in Soccer Videos Based on Collaborative Use of Audio-Visual CNN Features”

Yusuke Akamatsu, Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Estimation of Viewed Image Categories via CCA Using Human Brain Activity”

Shoji Takimura, Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Twitter Followee Recommendation Based on Multimodal FFM Considering Social Relations”

Masanao Matsumoto, Naoki Saito, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Missing Image Data Estimation via Iterative Convolutional Sparse Coding”

Yuya Moroto, Keisuke Maeda, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “User-centric Visual Attention Estimation Based on Relationship Between Image and Eye Gaze Data”

Rintaro Yanagi, Ren Togo, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Image Retrieval from Vague Description Based on AttnGAN,”

Ken Kawakami, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Blood Circulation Based on PPG Signals for Thermal Comfort Evaluation”

Ken Kawakami, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Detection of Deformed PPG Waveforms Based on a Ratio of Their Average Accelerations”
http://www.ieee-gcce.org/2018/index.html

2018年7月23日~27日に米国 サンディエゴで開催のIEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME) 2018にて、当研究室の修士1年生九島君と松本さんがOral発表を行いました。
本国際会議は、マルチメディア系の最高レベルの国際会議で今年は採択率が29%となっています。
さらに、トップ約15%がOralでの発表となっており、九島君、松本さんの両方がその圏内で採択されています。

また、University of California San Diegoを訪問しました。

Tetsuya Kushima, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa, and Miki Haseyama, “INTEREST LEVEL ESTIMATION OF ITEMS VIA MATRIX COMPLETION BASED ON ADAPTIVE USER MATRIX CONSTRUCTION”

Yui Matsumoto, Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, and Miki Haseyama “SIMULTANEOUS REALIZATION OF MULTIPLE MUSIC VIDEO APPLICATIONS BASED ON HETEROGENEOUS NETWORK ANALYSIS VIA LATENT LINK ESTIMATION”

当研究室から投稿していた以下の論文が、土木学会の論文集に採用されました。

斉藤僚汰, 髙橋翔, 小川貴弘, 長谷山美紀, “熟練技術者の判定に基づいた道路橋における類似点検データの検索”, 土木学会論文集F3(土木情報学)

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jscejcei/-char/ja/

Genki Suzuki, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Team Tactics Estimation in Soccer Videos via Deep Extreme Learning Machine Based on Players Formation”

Tomoki Haruyama, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Estimation of Important Scenes in Soccer Videos Based on Collaborative Use of Audio-Visual CNN Features”

Yusuke Akamatsu, Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Estimation of Viewed Image Categories via CCA Using Human Brain Activity”

Shoji Takimura, Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Twitter Followee Recommendation Based on Multimodal FFM Considering Social Relations”

Masanao Matsumoto, Naoki Saito, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Missing Image Data Estimation via Iterative Convolutional Sparse Coding”

Yuya Moroto, Keisuke Maeda, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “User-centric Visual Attention Estimation Based on Relationship Between Image and Eye Gaze Data”

Rintaro Yanagi, Ren Togo, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Image Retrieval from Vague Description Based on AttnGAN,”

Ken Kawakami, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Blood Circulation Based on PPG Signals for Thermal Comfort Evaluation”

Ken Kawakami, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama, “Detection of Deformed PPG Waveforms Based on a Ratio of Their Average Accelerations”

http://www.ieee-gcce.org/2018/index.html

当研究室からIEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciencesに投稿していた以下の論文が採録されました。
本論文は、本学大学院情報科学研究科、大学院工学研究院、北海道科学大学による共同研究の成果です。

Takahiro Ogawa, Sho Takahashi, Naofumi Wada, Akira Tanaka, Miki Haseyama: “Binary Sparse Representation Based on Arbitrary Quality Metrics and Its Applications,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Accepted for publication)

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/transfun

2018年8月5日~8日に札幌コンベンションセンターで開催のMIRU2018に当研究室より以下の5件の発表を行いました。

Convolutional Sparse Codingを導入した深層学習に基づく変状分類手法の構築
前田 圭介, 高橋 翔, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

Constructing Heterogeneous Network via LRML-based Link Estimation for Multiple Music Video Applications
松本 有衣, 原川 良介, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

ユーザの動作を用いた行列補完に基づく関心度の推定に関する検討 -特徴選択の導入による高精度化-
九島 哲哉, 高橋 翔, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

敵対的生成ネットワークに基づく生成画像の分類問題への応用に関する検討 -胃X線画像を用いた胃炎識別におけるデータ不均衡の解消-
藤後 廉, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

正準相関分析を導入したFactorization Machinesに基づくツイート推薦の高精度化に関する検討
滝村 祥司, 原川 良介, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北海道大学)

研究室のOBも参加しており、非常に活発な議論が行われました。

以下のワークショップにて、当研究室より以下の2件の発表を行いました。

会議名:The 2nd GI-CoRE GSQ, GSB & IGM Joint Symposium
ワークショップ名:the GSB Student Workshop

発表:
◯Naoki Saito, Takahiro Ogawa, Satoshi Asamizu and Miki Haseyama
Tourism Category Classification Based on Novel Decision-making Process from Multiple Results

◯Keisuke Maeda, Sho Takahashi, Takahiro Ogawa and Miki Haseyama
Distress Classification via Neural Network Maximizing Canonical Correlation between Multi-modal Features

Back to Top ↑