文字サイズ

北海道大学 情報科学研究科 メディアダイナミクス研究室 Laboratory of Media Dynamics

NEWS

当研究室より、IEEE Transactions on Image Processingに投稿していた下記の論文が採録されました。

Takahiro Ogawa, Miki Haseyama: “Adaptive Subspace-based Inverse Projections via Division into Multiple Sub-problems for Missing Image Data Restoration,” IEEE Transactions on Image Processing (Accepted for publication)
Impact factor: 3.735
Eigenfactor™ Score: 0.05142
Article Influence: 1.875

2016年10月1日付で当研究室助教の小川貴弘先生が准教授に昇任されました!

9/18(日)に映像情報メディア学会 北海道支部主催 『画像処理の最先端技術』 ―体験学習と北大情報科学研究科施設見学― を開催します。詳細はこちらをご覧ください。

当研究室から2016 IEEE Global Conference on Signal and Information Processingに投稿した以下の論文が、「Symposium on Signal Processing for Understanding Crowd Dynamics」のシンポジウムに採択されました。
Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama,
“TRACKING HIERARCHICAL STRUCTURE OF WEB VIDEO GROUPS BASED ON SALIENT KEYWORD MATCHING INCLUDING SEMANTIC BROADNESS ESTIMATION”

http://www.ieeeglobalsip.org/default.asp

今年も修士1年生が素晴らしい準備(調理!?)をし、修士課程・博士課程受験者が素晴らしい食欲を見せてくれました。それに触発され、研究室一丸となった問題解決への取り組みにも発展しました。
また、今年の『慰労会』では、学部4年生VS修士2年生の構図での対決(!?)等もあり、普段の研究では見れない一面が見えました。
受験をした皆さん、準備をしてくれた修士1年生の皆さんお疲れ様でした!





当研究室より投稿していた下記の論文がITE Transactions on Media Technology and Applicationsに採択され、掲載が決定しました。

Kenta Ishihara, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama:
“Classification of Gastric Cancer Risk From X-ray Images Based on Efficient Image Features Related to Serum Hp Antibody Level and Serum PG Levels,”
ITE Transactions on Media Technology and Applications (Accepted for publication)

本年度のオープンキャンパスについて、メディアダイナミクス研究室が「研究室体験」を担当しました。
○ 画像処理研究の最先端 -未来の世界を覗いてみよう-
全国から参加の15名の高校生の皆さんが画像処理の最先端の技術について体験をしました。



画像の認識・理解シンポジウムは、国内最大規模の会議です。
メディアダイナミクス研究室より、下記の4件の発表を行っていました。
(1)
顔器官の動きと生体信号を協調的に用いた関心の度合いの推定に関する検討
佐坂 勇磨, 小川 貴弘, 長谷山 美紀(北大)
(2)
複数の特徴を用いた観光画像の分類における正確な分類結果の推定方法の導入に関する検討
斉藤 直輝, 小川 貴弘 (北大), 浅水 仁 (釧路高専), 長谷山 美紀 (北大)
(3)
Web映像集合の階層構造の時系列変化検出に向けた代表キーワードマッチングに関する検討
原川 良介, 小川 貴弘, 長谷山 美紀 (北大)
(4)
Multimodal Dimensionality Reduction via Adaptive Modality Selection for Web Image Visualization
Kohei Tateno, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama (Hokkaido Univ.)




2016年7月22日の建設工業新聞4面に当研究室の共同研究に関する記事『モデル事務所で導入』が掲載されました。
NEXCO東日本と当研究室の共同研究により、高速道路の点検時に記録されるビッグデータを活用して点検評価を高度化する技術の開発を進めています。
http://www.decn.co.jp/?p=73333

NECソリューションイノベータと長谷山研究室が共同で開発の技術について、以下のページにて紹介が行われました。
画像認識による虫画像の同定を支援 ~ 害虫と益虫を見分け、病害虫の適切な防除を支援 ~

http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/csr/eco/report/activity.html

Back to Top ↑