文字サイズ

北海道大学 情報科学研究科 メディアダイナミクス研究室 Laboratory of Media Dynamics

NEWS

長谷山教授が、東京ミッドタウンで開催されているトロンプロジェクトシンポジウム『TRONSHOW』で講演を致しました。

セッション:インフラのメインテナンスとビッグデータ~データから価値を生み出す~
講演題目:インフラ管理におけるマルチメディアデータ解析

http://www.tronshow.org/

メディアダイナミクス研究室のFacebookページを立ち上げました!

Facebookページへ

さっぽろ学生ITアイデアコンテスト2013において当研究室の学生が最優秀賞を受賞しました!

http://www.city.sapporo.jp/keizai/it/contest/purezen.html

ITE Transactions on Media Technology and Applications に、論文「Novel Evaluation Criterion for Visualization of Image Search Results Based on Feature Integration Theory」が掲載されました。
論文は下記のURLよりダウンロードできます。
「Novel Evaluation Criterion for Visualization of Image Search Results Based on Feature Integration Theory」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mta/1/4/1_333/_article

本研究室からの発表がIEEE GCCE2013 (2013年10月1日~4日開催,幕張,日本)において”Outstanding Poster Award”を受賞しました。

本研究室からICIP2013(2013年9月15日~18日開催,メルボルン,オーストラリア)での発表がありました。
発表内容はこちらで確認ができます。

バイオミメティクス・データベースに関する記事が掲載されました。

JSTnews8月号
http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/backnumber1308.html
掲載記事PDF
http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2013/2013_08_p03.pdf

ITE Transactions on Media Technology and Applications に、論文「Active Grid-based Pass Region Estimation from Multiple Frames of Broadcast Soccer Videos」が掲載されました。
論文は下記のURLよりダウンロードできます。
「Active Grid-based Pass Region Estimation from Multiple Frames of Broadcast Soccer Videos」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mta/1/3/1_220/_pdf

ITE Transactions on Media Technology and Applications に、論文「A Method for Improving SVM-based Image Classification Performance Based on a Target Object Detection Scheme」が掲載されました。
論文は下記のURLよりダウンロードできます。
「A Method for Improving SVM-based Image Classification Performance Based on a Target Object Detection Scheme」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mta/1/3/1_237/_pdf

EURASIP Journal on Advances in Signal Processing 2013 に、論文「Super-resolution for simultaneous realization of resolution enhancement and motion blur removal based on adaptive prior settings」が掲載されました。
論文は下記のURLよりダウンロードできます。
「Super-resolution for simultaneous realization of resolution enhancement and motion blur removal based on adaptive prior settings」
http://asp.eurasipjournals.com/content/2013/1/30

Back to Top ↑