NAOKI OGAWA 小川 直輝

 

小川 直輝 Naoki Ogawa

機械学習技術を応用したインフラ施設の維持管理支援に関する研究に従事.
IEEE Graduate Student Member.工学士(情報科学), 情報科学修士.
E-mail: naoki [at] lmd.ist.hokudai.ac.jp
経歴 職歴 論文誌 国際会議 国内学会 講演 受賞

 

経歴

  • 2016年4月-2020年3月 北海道大学 工学部
  • 2020年4月-2022年3月 北海道大学大学院情報科学院 修士課程
  • 2021年4月-現在 似鳥国際奨学財団 北海道ITみらい人材奨学生
  • 2022年4月-現在 北海道大学大学院情報科学院 博士後期課程
  • 2022年4月-現在 日本学術振興会 特別研究員DC1

 

職歴

非常勤講師

2022年度

  • 北海学園大学 工学部「計算機実習Ⅲ」

ティーチングアシスタント・ティーチングフェロー

2020年度

  • 北海道大学 工学部専門科目「メディアネットワーク実験IA, IIA」(前期・後期)
  • 北海道大学 工学部専門科目「メディアネットワーク演習II」(前期・後期)
  • 北海道地区国立大学教養教育連携授業(後期)

2021年度

  • 北海道大学 全学教育科目「ロボットは感情を持つか?」(前期)
  • 北海道大学 工学部専門科目「メディアネットワーク実験IA, IIA」(前期・後期)
  • 北海道大学 工学部専門科目「メディアネットワーク演習I, II」(前期・後期)
  • 北海道地区国立大学教養教育連携授業(後期)

2022年度

  • 北海道大学 全学教育科目「ロボットは感情を持つか?」(前期)
  • 北海道大学 工学部専門科目「メディアネットワーク実験IA, IIA」(前期・後期)
  • 北海道大学 工学部専門科目「メディアネットワーク演習I, II」(前期・後期)
  • 北海道地区国立大学教養教育連携授業(前期・後期)

リサーチアシスタント

2022年度

  • データ関連人材育成プログラム (D-DRIVE) に関わる研究補助 (前期)

イベントアシスタント

2019年度

  • 第一回「KDDI財団共催北海道大学中学生へのデータサイエンス普及事業実行委員会主催のAIとデータサイエンスを知って親しむ講義×体験イベント2019(7月27日)」
  • 第二回「KDDI財団共催北海道大学中学生へのデータサイエンス普及事業実行委員会主催のAIとデータサイエンスを知って親しむ講義×体験イベント2019(12月21日)」

研究業績

論文誌

  • N. Ogawa, K. Maeda, T. Ogawa, and M. Haseyama, “Deterioration level estimation based on convolutional neural network using confidence-aware attention mechanism for infrastructure inspection,” Sensors (2021 IF=3.847), vol. 22, no. 1: 382, pp. 1–16, 2022. [paper]
  • K. Maeda, N. Ogawa, T. Ogawa and M. Haseyama, “Reliable estimation of deterioration levels via late fusion using multi-view distress images for practical inspection,” Journal of Imaging, vol. 7, no. 12: 273, pp. 1-17, 2021.  [paper]
  • N. Ogawa, K. Maeda, T. Ogawa and M. Haseyama, “Distress image retrieval for infrastructure maintenance via self-trained deep metric learning using experts’ knowledge,” IEEE Access (2021 IF=3.476), vol. 9, pp. 65234-65245, 2021.  [paper]

 

国際会議

  • N. Ogawa, K. Maeda, T. Ogawa and M. Haseyama, “Correlation-aware attention branch network using multi-modal data for deterioration level estimation of infrastructures,” in Proceedings of 2021 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), 2021, pp.1014-1018.
  • N. Ogawa, K. Maeda, T. Ogawa and M. Haseyama, “Degradation level estimation of road structures via attention branch network with text data,” in Proceedings of 2020 IEEE International Conference on Consumer Electronics – Taiwan (ICCE-TW), 2021, pp. 1-2.
  • N. Ogawa, K. Maeda, T. Ogawa and M. Haseyama, “Distress level classification of road infrastructures via CNN generating attention map,” in Proceedings on IEEE Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech), 2020, pp. 97-98.
  • N. Ogawa, K. Maeda, T. Ogawa and M. Haseyama, “Region-based distress classification of road infrastructures via CNN without region annotation,” in Proceedings of 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), 2019, pp. 790-791.

国内会議

  • 小川直輝, 前田圭介, 小川貴弘, 長谷山美紀, “Attention map に対する確信度を考慮可能な深層学習を用いた変状分類の高精度化に関する検討,” 映像情報メディア学会技術報告, vol. 46, no. 6, pp. 371–376, 2022.
  • 〇平川 泰成, 小川直輝, 前田圭介, 小川貴弘, 長谷山美紀, “道路構造物の維持管理効率化に向けた変状画像分類の高精度化に関する検討 -テキストデータに基づく類似事例の含有率の導入-,” 映像情報メディア学会技術報告, vol. 46, no. 6, pp. 43–48, 2022.
  • 小川直輝, 前田圭介, 小川貴弘, 長谷山美紀, “Attention Map を用いた道路構造物の変状画像分類におけるテキストデータの導入に基づく高精度化に関する検討,” 映像情報メディア学会技術報告, vol. 45, no. 4, pp. 17–21, 2021.
  • 小川直輝, 前田圭介, 小川貴弘, 長谷山美紀, “変状分類における Grad-CAM++ に基づいた CNN の注目領域の可視化に関する検討,” 令和元年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会 講演論文集, pp. 153-154, 2019.

 

講演

  • 特になし

受賞等

  • 日本学術振興会 特別研究員DC1 採択 (2022年4月)
  • 北海道大学大学院情報科学院 研究院長賞 (2022年3月)
  • 映像情報メディア学会優秀研究発表賞 (2021年12月)
  • 似鳥国際奨学財団 北海道みらいIT人材奨学金 奨学生(2021年1月)
  • The 2019 IEEE Sapporo Section Student Paper Contest Encouraging Prize (2020年2月)